2009年12月07日

たぬきかきつねか。

「たぬき」は油揚げのあんかけうどん。

関西で馴染めないことのひとつがうどんの種類の多さ。
きざんだり卵でとじたりあんかけにしたりでいちいち名前変えられると困る。

wikiうどん
posted by ryoooo at 23:51| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

内戦ファンタジー

裸者・愚者・覇者

戦争の法


日本で内戦があったら・・・という設定の小説を2作読んだ。

まずは前者。
主人公は内線に翻弄され巻き込まれて仕方なく戦争に参加した孤児兵。
実際に世界のどこかでは起こっていることを考えると吐き気がするし、
ずっしりと重いテーマではあると思うけど、登場人物がかなり現実離れ
しているので読み物として楽しめる。
孤児兵達の台詞が初めはひらがなで書かれているのにだんだん
漢字が混ざってきたりする様子もおもしろい。

作中でそれぞれの極端な主張を読んでいると自分の思想がどの
あたりなのかなんとなくわかってくる。
私個人は幼稚で極端なリベラル主義?を理想として持っているはず
なのに、実はそうでもないのかもしれないと思ったり。
いろんな立場があり理由があり、絶対に相容れなくても「嫌」という
理由では結束できるのね。持つべくは共通の敵ってか。

かなりなご都合主義的な状況設定でどんどん物語が進んでいくのも
スピード感があって良かった。
同じ本を読んだのに、夫は国盗り合戦の戦略がおもしろいと言い、
別の友人は人間ドラマがおもしろいと言い、私はそれぞれのイデオロ
ギーの線引きがおもしろいと思った。
シリーズそれぞれ上下巻の計6巻の構成なのが最後の「覇者と覇者」
の下巻の途中で作者がお亡くなりになり未完なのがとても残念。

後者は、日本のとある自治体が突然共産主義国家として独立を宣言し、
運悪くそこに暮らしていた少年の半生。淡々と痛い。
文句なくおもしろいんだけど、この人の文章は晦渋すぎて読んでいて
きっと半分も楽しめてないんだろうなぁ・・・と感じてしまう。
ミネタウロスを読んだときにも感じたけれどミネタウロスはもう少し
楽しめたかなぁ。
読み手として選ばれてないのよね。
私の知能レベルが低いってだけなんだけど。
posted by ryoooo at 20:50| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

趣味悠々

NHK教育の「趣味悠々」で楳図かずおの4コマまんが講座をやってる!!!

1回目の放送の最後の10分位を偶然見て、次回は絶対見ようと
テキスト買って意気込んでたのに気づいたら終了20分後・・・

何曜日の何時からどのチャンネル、って苦手だわー

3回目の今週やっと見れた。のに、途中でちょっと寝ちゃった。アハ。
30分間が耐えられないほどつまらないわけではなかったんだけど・・・。

楳図かずおって顔の皮薄いな〜骨が透けて見えそう。
あとやっぱりグワシハンド欲しいかも…そんな感想でした。
posted by ryoooo at 20:36| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

羽衣〜白書院

そういえば、京の花舞台 弐の宴 〜能「羽衣」っていうイベントに行ったんだった。
10月24日。

京都市が主催のイベントらしいけど、西本願寺の普段は非公開の能舞台で
行われそれを国宝の白書院から鑑賞というなんとも豪華な企画。
演目は羽衣でわかりやすくて楽しめたし、公演前に国宝の白書院の中をゆっくり
見学できたのがなにより良かった。
白書院とは「小さい方」の応接所のようなものらしいが、これがすごいの。
障壁画は狩野派、全面金ピカでまさに豪華絢爛・・・・・。
年を経た今でこそ寂びた風情があるけど当時はどうだったんだろう。
まさに坊主丸儲けの世界なのか??
理不尽な程の権力の元で庇護された芸術ってやっぱ半端ないね。
posted by ryoooo at 20:29| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | いろいろ鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

あしゅら大行列

karura.jpg

興福寺で阿修羅と八部衆をずらーっとお堂に並べてるのを見たくて
ついでに正倉院展のチケットを入手したので奈良へ。

9時過ぎに奈良に着いて現地へ行ってみるとすでに45分待ちの看板が・・・
混んでるとは聞いてたけど。。
興福寺は運慶一派のかっこいい仏像がたくさんあるし本命の阿修羅も
八部衆もさすがに見応えある。
その後同時に特別公開になっている北円堂を見学して国宝館へ。
この国宝館にある仁王像は必見。
ルネッサンスかってくらいの美しい筋肉が隆々と。
なんというか時代にそぐわないというか、尋常じゃない美しさ。

昼食後に正倉院展へ。
向かう途中に阿修羅展のあたりを通りかかったら待ち時間115分!
2時間並んで観ますか。

正倉院展は…これもまた劇混み。
すでに仏像で満腹なのともらったチケットだし、という投げやりな気持ちで
かなりの流し見。
人かき分けてまで文書見てもねぇ。
常設展ではまたもや仏像を山ほど見て胸焼け状態で外に出ると大雨。
そして阿修羅にはまだ行列が。。。奈良にこんなに人がいるのがすごいわ。

同行の鳥好きな友人が迦楼羅(カルラ)大好きやねん!って言ってたけど
これってチキンジョージだね。気がつかなかったー
posted by ryoooo at 23:39| 京都 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | いろいろ鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。