2008年05月08日

暁斎+暁斎

京都国立博物館でやってる河鍋暁斎展に行ってきました。
一応、妖怪好きとしては行かないわけもなく連休後半の初日、5月3日に
行ってきました。

イメージだった妖怪画は少なかったけれど濃い内容でかなり堪能。
若いうちから国芳や狩野派やいろんなところで学んでいたとのこと、
いろんなタッチの絵を器用に描いている。同じ人の絵とは思えない。
いろんなものを見て吸収して必要に応じて出していく、、
とても現代人的な感じがした。
んーこの人はなんでも描ける絵の上手な漫画家なのか?

あとは、表装がオシャレ。とてもよかったです。表装も図録に
載せてくれればいいのに。
貧乏神の絵の表装なんてきれいな裂をわざわざツギハギにして
仕立てたり。
センスの良い表装は福富太郎コレクションというものが多かった。
気になったので調べてみると昭和のキャバレー王だとか。すごいなぁ。

このリンクはおもしろそうなので時間のある時に読んでみたい。

京博と同時開催のマンガミュージアムのほうにも行ってきました。
Sさんが誘ってくれたのでこっちは子連れで。
博物館のほうでも気になってた絵のひとつに放屁合戦という、
大の男どもが半裸や全裸で屁をかけ合う、という題材のものが
あったんですが、これの別バージョンや、明治初期の新聞の挿絵
なんかがあってこちらも楽しめました。
江戸時代の人と思ってみてると、新聞の挿絵とか出てきて急に
明治になるからびっくりする。
こっちの方が生き生きしてるかも。

しかし放屁合戦は春画の一種だとか、、いろんな世界があるのー。

posted by ryoooo at 00:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。