2010年09月26日

中国っぽい小説 計10冊

最近のがっかりするニュースでまた隣国キライがあふれそうになってきたので、今年の初めに読んで感動した本を思い出してみようかな。


「蒼穹の昴」「珍妃の井戸」「中原の虹」のシリーズ。
浅田次郎。
壬生義士伝みたいなのは拒否反応がおこってなかなか読めないのですが
(プリズンホテルは好き)このシリーズは良かった。ほんと良かった。
清王朝の末期、西太后からラストエンペラー溥儀の頃までの話。
ここぞと言うときに天からのお告げや祖霊の言葉で解決してしまうのは
モヤモヤしないでもないが、まぁファンタジーってことで良しです。
宋教仁の上海でのスピーチは感動もの。
相変わらず歴史音痴の私にはどこまでがフィクションなのか分からんが。
心からの善意や真心のようなものに触れると大概の人は感動するのに、
なぜにそう在る事ができないのか。。

これで中国モノ読みたい熱が高まって続いて「ワイルド・スワン」
ベストセラーなので名前は知ってたけど中身については予備知識ゼロ。
こっちは清王朝が終わって、満州国が出来て国民党が出来て軍閥支配になって
第2次大戦終わって共産党→文化大革命→現在に至る中国が舞台。
親子3代の伝記で中国では発禁だそう。
この辺の歴史って字面でしか知らなくて(それすらも怪しい)あまりの認識のズレに驚いた。
あと、人々の思考と行動。国民性、という言葉で片付けるのは嫌だけど、
……違うよなぁ。
一読の価値有りです。

10年程前に中国を旅行したとき、北京には地方から来たと思われるツアー客がたっくさんいて、少なくとも外面的にはみんな毛沢東が熱烈に大好きで、ホテルでテレビつけたらどこかの水害のニュースで、洪水を止めるのに土嚢が間に合わなかったのか軍と地元住民が手をつないで人垣を作ってる映像が流れてて、すげーな!と思ったけど、やっぱすげーな、いろんな意味で。
posted by ryoooo at 10:46| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。