2010年09月26日

中国っぽい小説 計10冊

最近のがっかりするニュースでまた隣国キライがあふれそうになってきたので、今年の初めに読んで感動した本を思い出してみようかな。


「蒼穹の昴」「珍妃の井戸」「中原の虹」のシリーズ。
浅田次郎。
壬生義士伝みたいなのは拒否反応がおこってなかなか読めないのですが
(プリズンホテルは好き)このシリーズは良かった。ほんと良かった。
清王朝の末期、西太后からラストエンペラー溥儀の頃までの話。
ここぞと言うときに天からのお告げや祖霊の言葉で解決してしまうのは
モヤモヤしないでもないが、まぁファンタジーってことで良しです。
宋教仁の上海でのスピーチは感動もの。
相変わらず歴史音痴の私にはどこまでがフィクションなのか分からんが。
心からの善意や真心のようなものに触れると大概の人は感動するのに、
なぜにそう在る事ができないのか。。

これで中国モノ読みたい熱が高まって続いて「ワイルド・スワン」
ベストセラーなので名前は知ってたけど中身については予備知識ゼロ。
こっちは清王朝が終わって、満州国が出来て国民党が出来て軍閥支配になって
第2次大戦終わって共産党→文化大革命→現在に至る中国が舞台。
親子3代の伝記で中国では発禁だそう。
この辺の歴史って字面でしか知らなくて(それすらも怪しい)あまりの認識のズレに驚いた。
あと、人々の思考と行動。国民性、という言葉で片付けるのは嫌だけど、
……違うよなぁ。
一読の価値有りです。

10年程前に中国を旅行したとき、北京には地方から来たと思われるツアー客がたっくさんいて、少なくとも外面的にはみんな毛沢東が熱烈に大好きで、ホテルでテレビつけたらどこかの水害のニュースで、洪水を止めるのに土嚢が間に合わなかったのか軍と地元住民が手をつないで人垣を作ってる映像が流れてて、すげーな!と思ったけど、やっぱすげーな、いろんな意味で。
posted by ryoooo at 10:46| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

涼しい。

koke.jpg

涼しい。もうそれだけで幸せ。
このまま夏が終わってもいいのに。

先日の帰省の際に久しぶりの友人達に会えてほんとに楽しかったー!!
いつもなんだかドタバタな帰省で、お子がいるのもあって、
ついつい出不精になってしまうのを反省反省。

写真は全然関係ないどこかの庭園の苔。
種類の表示がしてあるんだけど区別がつかないの。
posted by ryoooo at 19:56| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

ゴー宣いろいろ

ゴーマニズム宣言の昭和天皇論が読みたくて図書館のオンライン予約したらなんと38人待ち!
ゴー宣って読んだこと無いのでついでに他のを借りてみた。
シリーズ多すぎてよく分からなかったのでスペシャル中心に。
読んだのは
ゴーマニズム宣言 差別論スペシャル
新・ゴーマニズム宣言スペシャル 脱正義論
新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 台湾論
新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論
新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論2
あと、戦争論3も借りたけど2の途中でたるくなって読むのやめた。
おもしろかったのは台湾論と戦争論。
台湾論は曖昧にしか知らなかった日本と台湾の本当の関係が分かったのが収穫。
これを鵜呑みにするわけではないが。

戦争論もおもしろかった・・けど。
この本の出版が1998年って事は私はこの中で描かれている日本の若者
ドンぴしゃの世代だと思うけど、そんなに私たちってダメなんだろうか。
確かにお国のために!って言うのはないよ、個人主義だよ。でもさーー。
私は、まぁ、生まれたときから言ってみれば「自虐的な戦後教育」を
受けてきたわけだけれど、で、まぁ考え方的には作中で言われるところの
サヨク。戦争反対。いやもっと左かもしれない?
でも結構な天皇主義なんだよね。そう言ってしまうと違うのかな。
単純に好きということで。

某隣国の人たちについては・・・許す気もないくせに、ずーーっと謝れ謝れ
言われて謝り続けていることを理不尽に思わない私たち世代の人っているのか?
それこそかなり少数派だと思うんだけどなぁ。
この本によると、彼らは半日をアイデンティティーにしているそうだけど、
そういう教育受けてきた彼らよりも、私たちの方がよっぽど彼らのこと
嫌いだと思うんだけど、どうよ。
みんなそんな感じじゃないの?

でも今の日本の政治を見てると、大衆としての私たちは全然そうでは
ないってことなのかな。。もにょもにょもにょ・・・な夏でした。

とりあえず昭和天皇論を楽しみにしとこーっと
あと、沖縄論も読んでみたい。ついでに。
posted by ryoooo at 09:12| 京都 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。