2009年09月30日

2本立て その二

二条城。
障壁画を全部模写して本物と入れ替えるという事業をずーっとやっていて
その一般公開があったので。
やっていることは知っていたものの、あまり肯定的に感じていなかった
んだけど、実際に見てみるととても興味深かった。

模写室で見せてもらった新しい障壁画はオリジナルと比べてあまりにも
きれい過ぎるように見えたけど、実際収まるべきところに収まると違和
感なく、すごくキレイ。説明をしてくださった方もとても真摯な姿勢で
仕事に臨まれてるのが伝わってくる。
ちなみにここで行われている復元レプリカは古色復元模写と呼んでいる
そう。新品の金箔よりも少しトーンが落ちている。
この事業、昭和47年から始まってずーーーっと誰かが描き続けて少な
くともあと30年はかかるそうで。なんだかなー。

それにしても二条城って観光客がものすごく多いのね。
現在に至るまでに主がころころ変わっていて明治時代には京都府庁舎に
されてたとか…なんだかとってつけたようなバラバラな感じがする。
貴重なものなんだろうけど建物も調度もなんだか荒れててそこに大勢の
人がゾロゾロ。
何の感傷もないよなぁ。。
posted by ryoooo at 22:59| 京都 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | いろいろ鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2本立て その一

週末に、東福寺と二条城というかなりメジャーな観光地を回ってきた。

まずは東福寺。特別公開の重森三玲の庭が見たくて。
はじめに塔頭のひとつ霊雲院に立ち寄る。
遺愛石という石を中心に庭が構成されている。
写真を撮ればよかったんだけど、この遺愛石、崖のミニチュアみたいな
雰囲気でずっと見ているとスケール間がわからなくなってくる。
おもしろい。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/itohkyuemon/kyoto/200907_04.htm
あとは枯山水の筋のつけ方がぞんさいだったり障子がことごとく破れて
たり避けてたり、掛け軸の装丁が反り返ってたり、壁の漆喰が派手に
かびてたり
…そんな庶民的なところが妙に落ち着く。かなりな癒しスポットだな。
ご本山の方は有名な龍吟庵、方丈庭園と見て回った。
こっちはさすがに一分のすきもなく手入れされてる。
方丈庭園のほうはそれほどでもないが龍吟庵の庭園は表現があまりにも
具象的で、解説してくれた人は絵画的と言っていたが、こんなに直接的
でいいのかしら…ともともとよくわからない枯山水がますますわからな
くなった。。
衝撃的だったのが重森三玲という名前は画家のミレーから取ったという
こと。
ほぇー。。
posted by ryoooo at 22:53| 京都 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | いろいろ鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

ヘアスプレー

hea.jpg

ヘアスプレー
まるっこくても良く動く身体を見てるのは気持ちいい。
トラボルタすてき。

posted by ryoooo at 10:47| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

影絵。

fjsr.jpg

京都文化博物館でやってる藤城清治展に行ってきました。
まずはその混雑ぶりに吃驚。
分博っていつもすいてるんじゃなかったのね。ごめんなさい。
影絵の実物をじっくり見たことなんてなかったけどその繊細さは感動もの。
光や距離と描き込みをうまく使って線の強弱やぼかしを絶妙に表現してる。
すごい!!
有名な小人や西洋の童話のモチーフより初期のころの東洋の感じがとても好きです。西遊記のシリーズもステキ。
混んでたし子供連れでいったのであまりゆっくりはできなかったけど
お子もなんとなく楽しんでたような。。
図録を買おうと思ったんだけど、実物とのあまりの差に思わず棚に戻した。
影絵の立体感って印刷では表現できないものなのね。。
制作中の映像を見たら昔ながらの両刃のかみそりを直に手で持って
切っていた。すげー。デザインカッターとか使ったらダメなのか??

posted by ryoooo at 21:40| 京都 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | いろいろ鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

やっと終わった。

ura.jpg

断るべくもなくまたまた引き受けてしまったデジタル内職、
やっと終わった。。
今回は簡単だけどやたらとめんどくさかった。。。。
仕事終わってお子を寝かせたあとのほんの数時間しか
作業できないからなかなかすすまないのよね。

写真は嵐山、天竜寺の門の壁裏側(表はちゃんと漆喰)
どこまでが故意なんでしょうね。素敵ー
posted by ryoooo at 22:08| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。