2009年03月24日

今日のシイタケ@7日目

raga06.jpg

えと、ラガマッシュ、7日目にして爆発です。
すごすぎる。。
シロに生えた一番大きいの、昨日は確か5p強くらいだったのに
今日はなんと9pまで成長。
縁にレースのようなピラピラがでて貫禄も十分です。

・・・こわい。

クロの密集地帯の大きなものと5つ程収穫して早速夕食の一品に。うまうま。
いやー焼くだけで立派なおかずになるし助かる〜
間引きラガ達もいろいろ活躍してます。
いいわぁこれ。
posted by ryoooo at 23:04| 京都 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 栽培系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

雛とミニチュアのお道具展

hina.jpg

百万遍の思文閣美術館にて。
毎年この時期に雛人形絡みの企画展が恒例になっているそう。

私は雛にはそれほど(というか全く?)興味がなかったのですが
なんせミニチュアブームなのではずせません。
子供の頃から雛人形よりまわりのお道具の方が好きだったし。
しかも豆本の展示もあるのがなんともタイムリー☆

小さいけれどもさすがに繊細な細工のものばかりだった。
見ごたえありました。
パンフレットにも載っている目玉の台所セットも楽しかったけど
すべての間接が可動する象牙の素体人形(全長3センチくらい)とか
本当に切れる銅製のハサミ(全長約1センチ)とか、、ほ、欲しい。
豆本の方は、「豆」ではないけれど初めてみた武井武雄の刊本作品が
ステキな昭和風で印象的だった。

残念ながらミニチュアの図録が売り切れていたので、武井武雄の作品集を買った。
装丁がお洒落なの。
posted by ryoooo at 22:26| 京都 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | いろいろ鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

今日のシイタケ@3日目

えと、シイタケです。
お試しモニターのような形で貰ったので一応記録しておこうかと思います。

昨日寝る前に風呂場に放置してみました。
それが良いのか悪いのかわかりませんが、今日みたらこんな感じ。
(名前はシロとクロです。いや、付属のトレーの色じゃなくて
マイケル・ジャクソンにちなんで。)

シロの方は目立つのが一つ、あとは側面がボコボコしてます。
raga04.jpg

クロは一つのコーナーにきの子が密集してます。
間引いた方が良いんだろうか。。
raga05.jpg

正直、普通の原木のような物を想像してたので開けた時はびっくりでしたが
この若干の気味悪さはビジュアル的にもかなり好み。
広場なんてのもあります。


posted by ryoooo at 18:24| 京都 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 栽培系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

シイタケ@1日目

レゲエを聞いて育ったシイタケ、ラガマッシュの元、
ラガマッシュブロックなる物がやって来た。
箱を開けるとこんな感じ。
raga01.jpg

さらに袋を開けてみるとこんな。温度計付き。
なんか質感がすでにシイタケだ。しっとりしてるし。
raga02.jpg

良くみるとますますキノコっぽい雰囲気。
raga03.jpg

おもしろ〜〜

とりあえず1回目は湿度の高い場所に放置すればいいらしいので
台所の片隅に放置。
しばらく楽しめそう。むふふ。
posted by ryoooo at 23:34| 京都 | Comment(3) | TrackBack(0) | 栽培系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

山口晃@大山崎山荘

200903081209001.jpg200903081605001.jpg
山口晃さんの個展がなんと大山崎山荘で!これは近隣住民としては絶対に
行かねば!と思いつつも行ったのは最終日。。
それでもちゃんと行けたんだからいいじゃないの。
それもこれもホサカがいたからなんだけど。ありがとう。ラブ。
とてもこぢんまりした、なんというか家庭的なスペースなので、山口晃の
絵が展示されるというのがなかなかピンとこない。
最終日で箱のわりに人が多く見難かったのもあるとは思うけど、ただ並べ
ました、という感じは否めなかった。
それでも絵との距離が近くてそれはそれで良かったのかも。
絵は図柄はとても好き。でも近くで見るととてもあっさりしてるなー。という
のが一番の感想。(頭悪いので好きか嫌いかしかないのよね。)
別紙にて配布されてた各作品の解説に、解説と共に本人のコメントが添えられていて
それがおもしろくて思わずクスクス笑ってしまう。
現代美術だって頭でっかちな必要は無い。少々寒い駄洒落にも好感度アップです。

写真は大山崎山荘にいた2本足で立つウサギと、ついでに同行させてもらった
詩織庵にあった竹内栖鳳の欄間。
逆光。
この人、淋派だと思ってたんですが全然違ったのね。
posted by ryoooo at 21:28| 京都 | Comment(3) | TrackBack(0) | いろいろ鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。